2017年04月06日

将来に備えた資格取得はお金に近い専門技術を狙う

変化が激しくて、予測が難しい時代。
不安定な収入や雇用の不安で、
将来に備え資格を取得しようと
考える人は多いようです。

あなたはこれまでに、
「資格をとろうかな」と思ったことはありませんか?

・就職や転職に有利だから
・就職する収入が安定していそうだから
・手に職をつけたいから
・今より収入を増やしたいから
・いずれ独立して自由に仕事をしたい
etc

でも、忙しく時間がない会社員が
働きながら資格取得を目指すなら
しっかり戦略を練ることが重要です。

まず、
その資格を取得した後に、
本当に収入が得られるのか?

そして、
その資格を取得するのに要する労力は?
というポイントは押さえましょう。

例えば、「就職・転職・独立」に有利な国家資格
と言われている人気の「行政書士」を取得するには、

最低でも1年以上の勉強が必要で、合格率は10%以下、
とも言われ、途中で諦めずに合格までやり遂げるのは、
そうとう困難なものであると言えます。

また、何とか頑張って働きながら
勉強して受かったとしても、
行政書士の6割〜7割が年収300万円以下。

資格取得後の実際の収入可能性と
合格率を合わせると年収300万円以上は
試験受講者の3〜4%です。

一年以上忙しい時間を割いて、
頑張って資格の勉強をしても
合格できるかどうか非常に厳しい。

なんとか資格を取得しても、
思い通りの年収を得るのは
とても少数だけ。

その一年をムダにすることに
なるかもしれません。

まず、
本来の目的に沿って戦略を考えること。

資格は、まず市場のニーズと
需要と供給のバランスを考えること。

市場のニーズが大きくて供給可能性も
大きければ市場性は十分あります。

そして、取得難易度。
忙しい時間を咲くのだから
どのくらいの時間で勉強すれば
取得できるのか?

そして、資格取得後にその資格で稼げる業務を
しっかり調べること。

人気の資格って受講者が多いことに注意。
市場のニーズに対して、
実際に稼げるキャパはどのくらいか?
よく調べましょう。

行政書士などの資格で稼げる業務は
すでに先輩たちで飽和している可能性も、
しかも人気資格で資格取得者がますます
増えることも考慮する。

これからの時代、比較的短期間で
市場性があって、お金を生み出せるお金に近い
専門スキルを検討することをお勧めします。


もし、数ヶ月間の勉強で、試験もなく、
十分収入を得る技術を手に入れることができる、
そんな資格があったら、あなたはどうしますか?

実際、ある会社員は、6ヶ月間の勉強で、
月20万の副収入を得ることができました。

そして、その人は今では、
会社員時代よりもずっと高い収入を
誰にも頼ることなく稼ぐことができる技術を身につけ、
将来の経済的な不安がなくなりました。

オンラインワーカーがどんどん増え、
独立したプロとしてウェブライティングスキルは
必須のスキルです。

その技術の秘密を、
こちらのビデオで公開しています。
↓ ↓ ↓
いつ会社をクビになっても平気
ウェブ・セールスライティング習得ハンドブック
posted by Takeshi at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | SOHO・情報起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック